Event

「生きるを伝える写真展」

10/1(月)〜8(月) 10:00〜18:00

福井県の乳がんサバイバー 高橋絵麻さんの「生きるを伝える写真展」をおっぱい展にて開催!!!

この写真展は昨年皆様から寄付していただいた乳がん啓蒙のためのチャリティーで開催させていただきます。

《生きるを伝える写真展とは》

病で髪を失った女性、その家族。

それぞれの「生きる」の形を通して、ありのままの美しさを、そして「生きるとは何か?」を感じて欲しい ー。

ひとりの乳がんサバイバーの想いが多くの共感を得てかたちになりました。

あなたの大切な人と一緒に、ぜひお越しください。

がんサバイバーや、脱毛症。

病がきっかけで髪を失った方の美しく、軽やかに生きる姿を伝える写真展です。

髪の毛がない。そのことを受け入れるのに、それぞれたくさん感じ、悩み、考え、今を生きてる。

今回モデルとしてご協力くださった皆さんは、ありのままを受け入れ自分が同じ悩みを抱える方の光になりたいと、私の想いに賛同してくださいました。

がんも脱毛症も特別な病でなく、本当に身近な病。

だからこそたくさんの方に見てほしい。知ってほしい。

●髙橋 絵麻プロフィール●

2015年10月にステージ3aの右乳がんと診断され、手術前に抗がん剤とホルモン療法を約半年受ける。

告知された約2カ月後には癌であることを公表し、「しこり触ってキャンペーン」を実施。

それは自分と家族を守るため、そして自分と同じような子育て中のママにも乳がんになる可能性があることを

知ってもらう為だった。手術までに約250人がキャンペーンに参加した。

その後昨年5月に全摘手術を受け、現在は、「自分を大切にして欲しい。もっと自分と向き合って人生を楽しんで欲しい」

そういうメッセージを伝えるために活動を続けている。 

「僧侶×OPPAI 」

10/6(土) 14:00〜15:00

仏教から見た「おっぱい」講演会 

講師:両徳寺住職 舟川智也さん 

「仏教」と「おっぱい」

「お坊さん」と「おっぱい」

という一見結びつかない要素

しかし、仏教の世界でも「おっぱい」はとても重要なものであり

「おっぱい」にまつわるお話しがあるんです。

今回、本願寺派布教使 両徳寺住職 舟川智也さんをお招きして

おっぱいアート展示会場にて

ありがたいおっぱいのお話を講話していただきます。

※ 講演会後はカフェスペースにてお坊さんとの交流会を開催します。 

【 九州おっぱいサミット 】

10/7(日)

乳がんと向き合ってきた乳腺専門医、性と向き合ってきたGID(性同一性障害)の方、

おっぱいに魅了され表現を続ける芸術家、おっぱいの悩みを抱える子育て中の母親など

様々なおっぱいに想いを寄せる方々を招いて【第1回 九州おっぱいサミット】を開催します。

進行役:にしべちえ

医療:貝塚病院 乳腺外科 北村薫 (福岡県)

アート:おっぱい写真家 RIKI Yamaneko (沖縄県)

GID:HANASO PROJECT

その他にも様々な視点の方をお招きしおっぱい観を語っていただきます。

いろいろな目線の「おっぱい」を感じて学んでください。

OPPAI マルシェ

10/7(日)・8(月祝) 10:00〜16:00

ハンドメイド・クラフト・アート・フード・アパレル・占いなど

おっぱい展開催中のいいかねPalette施設内にてマルシェを行います。

出店者は後日募集させていただきます。

前日プレイベント

9/30(日)

FMラジオ なかじゅんの「筑豊の親分に聞け!!」

公開収録&ライブ配信   

OPPAIとのコラボ企画「筑豊のアネゴに聞け!!」を準備中のおっぱい展会場よりお送りします。

パーソナリティー:ジャッキー岩尾・加藤綾  

ゲスト:クリハラナミ・にしべちえ

番組概要:毎月第2土曜日、19時~20時に放送(今回の収録分は10/13に放送)

筑豊の百貨店の三代目である「なかじゅん」が、筑豊内外で活躍している人生の先輩である

親分の話を聞き、経営者として成長していく番組